飛行機に乗りたい人は必ず持っておいた方がよいクレジットカード、「JALカード」の紹介です。

JAL

まるちゃんは3歳児のなのに、もうすでに4回ほど飛行機に乗って旅行に出かけたことがあります。

ディズニーランドデビューは2歳の時。名古屋にも行ったことがあります。この前はクラスJの席を一つ占領して東京に行ってきました。

しかし、まる家はそんなにしょっちゅう飛行機で家族旅行ができるほど経済的な余裕はありません。

航空会社系クレジットカードを活用しているのです。

まる家はJALカードをメインカードにしているのですが、ANAや他のカードでも同様のことが出来る様です。

いわゆる陸マイラーと言う奴ですね。

年間どのくらいマイルがたまるかというと・・・

まる家はだいたい月に20万円程度の生活費をクレジットカードで決済しています。クレジットで決済出来るものは何でも決済する様にしています。

するとだいたい航空会社系のクレジットカードだと1%~2%のポイント(マイル)がつきます。

20万円だとだいたい2000マイル~3000マイルぐらいですね。

それを1年間続けるとだいたい24000マイル~36000マイルぐらいたまるんですよ。

国内の特典航空券は往復で通常12000マイル~15000マイルぐらいなのでうまくすれば、家族3人がただで飛行機に乗れちゃうのです。

まる家の場合も年3~4万マイルは楽々たまります。

ただ、マイルの有効期限が3年間なので、毎年どこかに行かないと有効期限が切れてもったいないことになるので、強制的に旅行に行かなければならない状態になってしまっています。

飛行機代はタダなんですが、宿泊費や食事代等の滞在費は普通にかかりますからね~。

西郷

それでも、年に1回は家族で旅行に行けるのはとてもいいことです。

陸マイラーを始めるにあたって

陸マイラーを上手に行うこつは、ずばり選択と集中です。還元率の高いクレカを見つけて、それを集中的に使うのです。

クレジットカードのポイント制度についてはかなり奥が深くて、最適解はなかなか見つかりません。しかし、一つ言えることは、これと決めたらある程度長い期間を使い続ける事です。

クレジットのポイントにsuicaなどの電子マネーが絡んでくるととても複雑で、しかも改変が早く、もっともお得な還元率のカードも時と共にどんどん変化していきます。その都度、こっちの方があっちの方がとやっていると、ポイントが分散してしまい、管理も面倒になって結局無駄にしてしまうことが多いんですよね。

雷門

なので、まる家ではJALカードをメインに使い続けているわけです。

今後も、クレカ、電子マネー情報はぼちぼち書いていきたいと思います。

スポンサードリンク