明治三十八年創業 七飯町の大沼国定公園の「元祖大沼だんご」を買って食べてみた。

沼の家

函館に行った帰りに、大沼へ寄ってきました。

大沼は、サイクリングロードがあったり、自転車の貸し出しがあったりと、いろいろな観光名所となっています。

まる家でも、函館に行ったら帰りに必ず大沼に寄ってきます。

そこで、毎回買うのが、有名な大沼だんごです。

沼の家

大沼だんごは、こちらの沼の家で売っています。

店内の様子

店内の様子です。こんな感じに売られています。

大沼だんご

沼の家の袋です。

大沼だんご

こちらがパッケージ。左がごまと醤油、右が餡子と醤油です。

大沼だんご

紙をとってみました。

大沼だんご

透明な蓋を取ると、今度は透明のフィルムが乗っかっています。

大沼だんご

フィルムを剥がしたら、お団子の登場です。

あんこ

こちらが餡子のお団子。今回はまるちゃんに手タレをお願いしました。

醤油

こちらが、醤油のお団子。

ごま

こちらが胡麻のお団子。

あんと醤油

大沼だんごは、串団子ではなく、このように小さめのお団子が敷き詰められている上に、餡子や胡麻や醤油が乗っかっています。

ごまと醤油

お団子は小ぶりですが、柔らかくとっても美味しいです。

まるパパとママは胡麻が大好きですが、まるちゃんは餡子と醤油が大好きです。

ただ、賞味期限が短く、買った次の日の朝までに食べてくださいとのこと。それから、冷蔵庫に入れて保管すると硬くなってしまいます。お土産には向いていませんね。

でも、賞味期限が短いということは防腐剤等の添加物が入っていないということなので、信頼できます。

気になるお値段は

  • 小390円
  • 大650円

    です。

    種類は

  • 胡麻と醤油
  • 餡子と醤油

    の二種類だけ。

    とってもシンプルですね。

    道南にお越しの際は、食べてみてはいかがですか?

    北海道亀田郡七飯町大沼町145
  • スポンサードリンク
    スポンサードリンク

    フォローする

    スポンサードリンク