絶対もらえる「麦とホップ Space Barley」が届いたよ!!

ついに届きました!!麦とホップ スペースバーレイ

まる家は大のビール党です。サッポロ黒ラベルが大好きなんですが、本物のビールは値段が高いので、貧乏なまる家では、第三のビールを愛飲しております。

中でも、麦とホップは黒ラベルと味と香りの好みが近く、しかも350ml缶で、一本100円前後と大変お安くなっております。

まさに庶民の味方、第三のビールなんですが、サッポロビールさんがとっても嬉しいキャンペーンを実施していました。その名も「サッポロ 麦とホップ ゼッタイもらえる!!「麦とホップ Space Barley(スペース バーレイ)」プレゼントキャンペーン」

麦とホップに貼付されているシールを集めて応募すると、もれなく景品がもらえるのです!

もらえる景品は「麦とホップ Space Barley」。

「2006年に岡山大学とロシア科学アカデミーが「宇宙における食糧自給のための共同研究」の一環として、5ケ月間宇宙を旅して帰還した当社開発の大麦「はるな二条」の第7世代目の子孫“宇宙大麦”でつくった麦芽を一部使用しました。宇宙に想いを馳せながら、本製品の特長である奥深いコクと飲みごたえをお楽しみください。」とのこと

なんだかすごそうな感じがしますね。

毎日毎日麦とホップを飲み続けているまる家では

「192枚コース:限定製造・麦とホップ Space Barley350ml缶18本」

を2回も応募しました!!。っていうか飲み過ぎですね(笑)

で、先日その景品が晴れて届いたのでした。

「麦とホップ Space Barley」が届いたよ

外箱

こちらが、麦のホップ「Space Barley」の外箱。なんだか宇宙を感じる外箱となっております。

開けてみた

早速開けてみました。プチプチに保護された青色の缶が見えます。

説明書き

「ご応募ありがとうございます。」の紙です。

チラシ表

「極希少 宇宙大麦をつかえ」のパンフ

チラシ裏

パンフの中身。

岡山大学とロシア科学アカデミーによる「宇宙における食糧自給のための共同研究」の一環として、2006年に5ヶ月間、宇宙に滞在したサッポロビール開発の大麦「はるな二条」。その子孫である「宇宙大麦(第7世代)」でつくった麦芽を一部使用して製造した、このキャンペーンだけの特別な麦とヒップ。

缶

プチプチを取ってみました。青い缶が顔を出しました。

缶

麦とホップ Space barley!

アルコールは6%とノーマルの麦とホップより高めです。

横から

横から見てみました。

「宇宙大麦発芽一部使用」って書いてあります。

上下

上と下です。

2016年8月中旬製造、賞味期限は2017年4月まで

早速飲んでみましょう!!

飲んでみましょう

早速飲んでみましょう。

まる家ではいつもは、いつまでもビールがぬるくならない魔法のタンブラーを使っているのですが、今回はビールの色が見たいので普通のガラスのコップで飲んでみます。

北海道もいよいよ夏本番というところですね。夏といえばビール。ビールの美味しい季節がやってまいりました。 まる家は、まるパパもまるママもビー...

コップに開けてみた

まるちゃんが注いでくれました。

普通のと並べてみた

ノーマルの麦とホップと比べてみました。

色も香りも結構違いますね

早速飲んでみましたら〜

コクが全然違います!

んー、これはなんか地ビールみたいなっ感じです。ノーマルの麦とホップはすっきりした感じで飲めるのですが、こちらはかなり香りとコクが違います。アルトビールっぽい感じでしょうか。

とても美味しい!

限定でしかももうもらえないものなので、味わいながらちょっとずついただくとしましょう。

サッポロビールさんどうもありがとうございました(笑)

ノーマルの麦とホップはこちらから。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク