macでアイコンプレビューが出なくなってしまった時の対処法

jpeg

macで画像の編集をしていると、たまにアイコンプレビューが上記のように「JPEG」となってしまう時があります。

どうしたら、元に戻るか分からなくて、散々苦労して解決しましたので記録に残しておこうと思います。

なぜこうなるのか。

まるママは、画像の編集にadobeの「photoshop elements」を使用しています。アイコンプレビューがおかしくなった画像は全部、photoshopでいじった画像でした。

01

まるママは今までwindowsしか使ったことがなかったので、よくわからなかったのですが、macの場合はアイコンにカスタムアイコンという概念があり、画像編集ソフトが画像のサムネイルを自動的にカスタムアイコンとして貼り付けているらしいのです。

それが、なんらかの理由できちんと張り付かなかった場合にJPEGとなるようです。

ということは、カスタムアイコンを消してしまえば解決するはずです。

やってみましょう。

02

まずは、対象ファイルを二本指クリック(windowsでいうところの右クリック?)します。

そして、「情報を見る」をクリック。

03

するとファイルの情報が現れますので、左上のアイコンをクリック。

04

そして、キーボードのdeletキーを押すと、あら不思議。アイコンプレビューが復活しています。

まるママはこの方法で一つ一つ戻していきました。

大量のファイルを元に戻す方法は残念ながらわかりませんでした。地道に作業したいと思います。

以上、アイコンのサムネイルがおかしくなってしまった時の対処法でした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク