北海道の老舗 製菓店 わかさいも本舗 の ザクザククッキーシュー を食べてみた。

わかさいも本舗と言えば、北海道では知らない人はいないと言っていい、超有名な老舗お菓子屋さん。北海道の洞爺湖畔に本店を持ち、大正12年(1923年)の創業、お店の名前にもなっている「わかさいも」を筆頭に数多くのお菓子を販売しています。店舗は洞爺、伊達、室蘭、登別といった道南を中心に札幌、苫小牧にも展開しています。

そんな、北海道は胆振のお土産の定番、わかさいも本舗の、ザクザククッキーシューをいただきましたので、ご紹介したいと思います。

ザクザククッキーシューです

ザクザククッキーシュー

こちらがパッケージ。ケーキなんかと並んで売っています。

わかさいもざくざくクッキーシュー

中身を取り出しましたなら〜。

んー、普通のシュークリームと違って、表面にボコボコが付いています。

ザクザククッキーシュー

ちょっと、お尻を見てみましたら〜

あっ、穴が空いていますね〜。ここからクリームを入れるのでしょうか。

じゃぁ、いただきましょう。

ザクザククッキーシュー

一口、かじってみました。

第一印象は、やっぱりさっくさく。生地の下の方は普通のしっとり生地ですが、上の方はビスケットみたいです。名前に偽りなし!

クリームは、んーなんでしょう。生クリームとカスタードクリームを合わせているのでしょうか。なんだか両方のいいとこ取りをしているような感じです。

ただ、ちょっと注意点は、買ったらすぐ食べること。まる家で残しておいたシューを次の日に食べたらシナシナになってしまいました。

こんど、道南にお越しの際はわかさいものスイーツもいかがでしょうか?

こちらは、わかさいも本舗の看板商品の「わかさいも」です。

北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉144
スポンサードリンク